平成30年度酒田市               スポーツ指導者研修会(その2)

投稿者: | 2019年3月4日

2月2日(土)、酒田市希望ホールで、全日本ソフトテニス女子チームのトレーナー、川上晃司先生をお招きして、今年度2回目となる、「体育・スポーツ指導者研修会」を行いました。川上先生には、酒田ソフトテニス連盟と本協会の連携事業として、2年連続で講話と実技指導を頂いています。昨年の「メンタルトレーニングとフィジカルトレーニング」につづき、この度は、「成長期の運動と素質の見極め」と題して、ご講演を頂きました。
プレゴールデンエイジ、ゴールデンエイジ、ポストゴールデンエイジの発育の特性や、年代にあったトレーニングの大切さ、とりわけ、ジュニア期には「タイミング、リズム、バランス」の順に脳・神経系の機能の発達を促すトレーニングの大切である事など、貴重なお話和をいただきました。
講演後には、参加した皆様から、「主運動の前に、コーディネーショントレーニングを取り入れていきたい」、「中学校の部活入部の時点での個人差にどのように対応していけばよいかわかった」「27頁に及ぶ資料を二冊もいただき、大変ありがとうございました」等々、お礼や感想をいただきました。
目先の結果にとらわれず、発育発達の特性を踏まえ、一人一人の個性を見極めて、「大きく育てる」ことの大切さとすばらしさをご指導いただきました。

翌日は、酒田西高等学校の体育館で、地元の高校生の皆さんに、実際に「コーディネーショントレーニング」をご指導いただきました。指導者の皆さんは、実際の指導のお手本を示していただき、笑顔と歓声が絶えない楽しい講習となりました。
川上先生共に、全日本選手権大会で9回も優勝されている高川経生氏(ヨネックス)も二日間ご指導くださいました。心からお礼申し上げます。 ご指導を今後に活かして参ります。